アンギュラコンタクトSPB | CCTY Bearing
スラスト球面軸受は、高衝撃荷重、高スラスト荷重、およびラジアル負荷に対応できることで知られています。以下のプロファイルはこのSPBの全体的な特長の説明です。
スラスト球面軸受, アンギュラコンタクトSPB
18967
page-template-default,page,page-id-18967,bridge-core-1.0.5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-18.2,qode-theme-bridge,disabled_footer_bottom,wpb-js-composer js-comp-ver-6.4.2,vc_responsive
 

アンギュラコンタクトSPB

スラスト球面軸受、つまりアンギュラ球面軸受は高衝撃荷重、高スラスト荷重、およびラジアル負荷に対応できることで知られています。以下のプロファイルはこのSPBの全体的な特長の説明です。

使用場所
  • これらはステアリングアクスルやサスペンションなど、低速、高スラストおよび高ラジカル荷重の用途に使用されます。
  • これらの製品はテーパーローラーベアリングの代替となりえます。
理由

簡単なメンテナンス

高い信頼性

経済的

長寿命

機能
  • 摺動面が金属と金属
  • 内輪と外輪は硬化処理した転がり軸受鋼で製造
  • 高いスラスト荷重とラジアル荷重に対応可能
  • 高衝撃荷重に対応可能
  • グリースの保持・供給を簡単に行うため、外輪の球面表面に複数の潤滑剤の溝があります。
  • 全方向自動調心
  • リン酸処理と二硫化モリブデンコーティングは、慣らし運転フェーズで役立ち、摩損や焼付きを防止します。