自己潤滑成形ラジアルSPB | CCTY Bearing
自己潤滑成形ラジアル球面ベアリングの利点は、長寿命と高ラジアル荷重対応などです。
自己潤滑成形ラジアル球面ベアリング, 自己潤滑成形ラジアルSPB
18972
page-template-default,page,page-id-18972,bridge-core-1.0.5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-18.2,qode-theme-bridge,disabled_footer_bottom,wpb-js-composer js-comp-ver-6.4.2,vc_responsive
 

自己潤滑成形ラジアルSPB

自己潤滑成形ラジアル球面ベアリングの利点は、長寿命と高ラジアル荷重対応などです。

使用場所

自己潤滑が必要、または再潤滑が実施できない場所で、低速、高周波振動、および非常に高いラジアル荷重の用途に使用されます。

理由
  • メンテナンスフリーで、ハウジングやシャフトの再潤滑システムが不要
  • 非常に高いラジアル荷重に対応
  • 非常に高寿命
機能
  • 摺動面が金属とPTFE
  • 内輪は硬化処理した転がり軸受鋼で製造
  • 外輪は内輪の周囲に成形され、精密に機械加工
  • 内輪の球面表面はクロームメッキ
  • COM-Tシリーズでは外輪の球面表面に摩擦係数の低い高強度PTFEを使用
  • COM-BKシリーズは、複層のPTFE複合材をCOM-BKシリーズの外輪の球面表面に使用
  • 非常に高いラジアル荷重に対応可能
  • 静音駆動
  • 全方向自動調心